×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

個人間融資 実態

個人間融資,実態

囲いとは違う個人間融資の実態

個人間融資,実態

インターネット上の囲いという言葉をご存知でしょうか? ユーチューブなどで登場をしている方に対して、面識もそこそこの相手に自ら資金を提供している存在です。
ご贔屓にしているタレントや力士に対して行うタニマチ行為とも言える行動です。
返済の要求はなく、自己満足の世界に浸っている囲いの人々、囲われている人々の独特な世界観がそこには存在しています。

ある掲示板で、50万円くらいならお金をお貸しします、連絡くださいというサイトが急増しています。
そこに連絡をすると、具体的な金銭の受け渡しが話し合われるのですが、囲いではないため、返済をしなければならない金融契約が結ばれることになります。

消費者金融なら、審査をした上での契約ですが、掲示板で取り交わされる貸借に関しては、貸す側の勝手な決まりでも違反ではありません。
自己満足で、返済はしなくても良いという方までいるようですが。見ず知らずのお金が欲しい方を助けていると勘違いしている方もいます。

個人的にお金借りる



こうしたサイトは個人間融資として、続々数を増やしています。
この時に注意したいのが、決して貸したい人が闇金であることです。
実際に連絡をした時に、法外な利息をふっかけてきたり、最初は何も言わないけれど、だんだんとエスカレートした返済を迫ってきます。
内容的には返済ではなく、恐喝に近い形になりますが。貸してやっているんだから、借りている身だからと、もうは離れられない関係に縛られることが多いのです。

サイトでは個人間トラブルには一切かかわらないことが条件になっています。
そしてこうなってしまう場合のほとんどが貸す側が闇金業者であることが多かったり、貸借ではなく最初から詐欺業者であり、犯罪に巻き込まれるようです。

はっきり言って。個人間融資そのものは、犯罪の温床となっていると言う事ができます。
中には本当に良心で金銭提供をしている人もいますが、そのような方に当たる確率は殆どゼロだとも言われています。
個人の自己責任の範疇でしかないのですが、サイト上での細かな利息などの明記はなく、連絡をしたら言われるままの返済をしなければならないのも実情です。
お金がなくて本当に困っている方たちの救いの場とはとても思えない個人間融資ですが、それでも1万円でも貸してほしい、そんな方もゼロではないようです。

個人間融資,実態