個人的にお金借りる 個人間融資

個人的にお金借りる

掲示板で見つけた個人間融資

消費者金融や銀行カードローンなどの審査は一切通らない、審査がゆるい消費者金融にしてもダメ、債務整理しか道は残っていない方も、ここなら借りられる?というところが個人間融資です。
あまり聞いたことのない金融会社と思いきや、基本的には文字通り個人間の取引です。

 

その方法は

  • 掲示板やツイッター、LINEなどで、お金を借りたい人と貸したい人がそれぞれ書き込みをする
  • 書き込みをみてこの人と個人間融資をしたいと思ったら連絡をする
  • あとはそれぞれの取引
これが個人間融資の流れです

書き込みだけの公表で、あとはお互いの連絡先の明記でお金の貸し借りが成立するのです。

 

ここで不思議なのが、借りたい人はわかりますが、貸したい人なんているのか?ということです。
それがいるのです。
たまたまお金がある方が、簡単な投資先として個人間融資を使う方もいますし、困っている人を助けたい善意の人(あまりいない)、そして勘違い野郎の代表の「囲い」をしたい存在の人など、様々な方が貸す方に待っています。
ただし、絶対に全て「神的」なものでないことは確かです。

 

個人的にお金借りる

 

芯から誠意でお金を貸す方もいますが

そのような方が掲示板を使って、高い利息を付けて、貸すよ貸すよと言っても姿は、信憑性に欠けます。
実際のお金の取引は、会ったり連絡をして気が合えば合意するのですが、個人信用情報機関や年収を確認するような事は一切なく、貸してあげるよ、ありがと。だけの関係が多いようです。
実際には、女性の場合ストーカー的に追い回されたり、危険な目に会うこともあります。
ようするに、貸す側が求めて来るのが、貸した元金と決めた利息だけではなく、プラスアルファであることも少なくないのです。

 

それってビジネス?

ビジネスではないから個人間融資なのです、そして、合法的と言い切れるのです。
個人間融資を行っていると言っても掲示板などに、借りたい貸したいと書いてあるだけです。
そこに行くのは自由だし、取引するのも強制はしていません。
万人に呼びかける宣伝もしていません。
取引上のトラブルにも一切対応せず、自己責任でお願いします、ですから決してビジネスなんかではなく、善意というスタンスです。

 

何ていうのは大嘘

本当の個人が行っていないケースが多いばかりではなく、新種のヤミ金であることがほとんどです。
というのも個人間融資では、とてつもない高額な手数料や利息が問題になっています。
トラブルは自己責任で、何の保証もありません。
特に利息については、上限20%としてありますが、そんなのは一切無視をすることもあり、最終的に弁護士に相談に行き、裁判沙汰になった方もいます。

 

ようするに、個人間融資は、危険で危ない取引である、できれば近づかない方が良いのです。

個人的にお金借りる

更新履歴