個人的にお金借りる 個人間融資

個人的にお金借りる

個人的にお金借りる

個人的にお金借りる 関連記事


個人的にお金借りる




支援金掲示板サイトで個人的にお金借りる方法

個人的にお金借りる

お金に困って借り入れをしたくなった場合、まず最初に思いつくのは銀行や消費者金融、カードローン、キャッシングなどではないでしょうか。 テレビや広告でたくさんの宣伝をしているので、借金をするとはいってもなんとなく敷居が低くなり、ずい分と利用しやすいイメージになってきています。
有名な大手金融機関なら、安全性においても信頼して申し込みできます。

しかし、まだ一度も金融機関から融資を受けたことがないにもかかわらず、審査に通らないこともあります。
例えば、消費者金融では総量規制という制限があることから、その人の年収の3分の1までしか貸し付けができない法律になっています。
希望融資額が申し込み者の年収の1/3より上回っている場合、金融ブラックなどでなくても借金をすることができません。

お金がどうしても必要なのに審査に通過しないという場合、個人的にお金借りる方法があるのか探してみると、支援金掲示板のサイトが目に留まりました。
個人的にお金借りるということは貸金業法などの法律の対象外なので、年収の3分の1を上回っていても金融ブラックでも当事者同士の交渉さえうまくいけば支援が受けられることになります。

基本的に当事者同士の交渉によって貸付金利や返済期限、リボ払いは可能かなどの条件が決められます。
もしかしたら、相手によっては個人的にお金借りる場合の方が、闇金有業者より危険性をともなうかもしれません。
どうしても利用するなら、複数いる貸主の中から信頼できそうな相手かどうかを見極めることが大切になってきます。

個人的にお金借りることのできる支援金掲示板サイトを1つ見てみたところ、そこに入力する情報はハンドルネームOKの氏名、現在いらっしゃる都道府県、希望融資金額、アピールできるコメント欄などです。
支援金掲示板サイトに直接表示されないのですが、連絡を取るためのメールアドレスや、任意でLINE IDも入力する欄があります。

実際に載っている掲示板を見てみると、やはり投稿者名は本名ではなくハンドルネームです。
個人的にお金借りる掲示板はいくつかのサイトがありますので、個人情報の取り扱いでセキュリティの意識が少しでも高いところを選ぶ意味で、SSL通信をしているサイトかどうかチェックしてみましょう。
コメント欄の内容は、ある程度人柄も見えます。
まずは何人か候補を選び、実際にコンタクトを取る相手をその中からさらに絞っていってはいかがでしょうか。

個人的にお金借りる



▲TOPにもどる



生活福祉資金貸付制度で個人的にお金借りる方法

個人的にお金借りる

キャッシングやカードローンで銀行や消費者金融からお金を借りるというと、審査に引っかかってしまうことがありますので、思うようになかなか融資が受けられないことがあります。 また、以前はクレジットカードのキャッシング枠などを利用していたけれど、返済ができず債務整理をしたという人は、新規での借入が困難になりがちになるかもしれません。

だからといって、安易に闇金業者や詐欺業者に申し込みをしたら、利息制限法の上限金利を上回る法外な利息を課せられる可能性もあります。
闇金融業者などに早まる前に、都道府県や市区町村に利用できる制度がないか確認してみてください。
条件を満たすことができれば、有利に資金繰りができることもあります。

各都道府県では、高齢者世帯・障害者世帯・低所得者世帯を対象として『生活福祉資金貸付制度』を設けています。
生活福祉資金貸付制度は、都道府県社会福祉協議会が主に実施しています。
詳しいサービス内容や融資方法については、現在お住まいのエリアの市区町村社会福祉協議会(連絡先が見つからない場合は都道府県社会福祉協議会)で確認できます。

借り入れ方法は、4種類あります。
総合支援資金貸付・不動産担保型生活資金・教育支援資金・福祉資金です。

生活福祉資金貸付制度の対象となる3タイプの世帯とは、具体的にどんなご家庭が該当するのでしょう。
高齢者世帯は高齢者、つまり年齢が65歳を超える方がいらっしゃる世帯を意味しています。
障害者世帯は、精神障害者保健福祉手帳・療育手帳・身体障害者手帳の3種類の内いずれかの手帳が交付されている方などがお住まいの世帯です。
低所得者世帯は、生活福祉資金貸付制度以外からは生活に不可欠な資金の融資が受けられない(市町村民税非課税程度の)世帯です。

借金をするというと保証人や連帯保証人が必要かが気になるところです。
生活福祉資金貸付制度では原則として連帯保証人を立てなければならないのですが、難しいという場合でも利用可能なので、まずは相談してみてはいかがでしょう。

融資を受けるからには、当然利子の高さも確認しておくべき重要なポイントです。
連帯保証人の有無によって違ってきます。
連帯保証人がいないというケースでは、年率1.5%の貸付金利子がかかります。
連帯保証人を用意できるというケースは、無利子で借り入れができますからとても有利です。

※教育支援資金または緊急小口資金の場合は、無利子で利用できます。
不動産担保型生活資金は、長期プライムレートもしくは年率3.0%とで、どちらかそのときの利率が低い方が採用されます。

個人的にお金借りる



▲TOPにもどる



母子福祉資金で個人的にお金借りる方法

個人的にお金借りる

お金のやり繰りが難しくなるケースとして、母子家庭または父子家庭で、お子さんが20歳未満の場合があります。 お子さんは学費などがまだまだかかる年齢です。
融資を受ける手段というとキャッシングやカードローンを想像しがちですが、お住まいのある市区町村などからも支える仕組みがありますので、利用条件が当てはまる制度がないかまずチェックしてみてはいかがでしょう。
銀行や消費者金融を利用するより母子福祉資金で個人的にお金借りる方が有利で、無利子もしくは低金利で貸付されます。

あなたがもし母子家庭または父子家庭なら、『母子福祉資金』が利用できる可能性があります。
母子福祉資金の詳しい説明は、お住まいの市区町村や支庁などといった自治体の福祉事務所や相談窓口に問い合わせられます。

お子さんの就学、父母などの就労でお金が必要になったとき、資金のやり繰りに協力をしてもらえます。
児童の福祉が目的であるというだけでなく、扶養している側の父母が経済的に自立していけるようにサポートする仕組みでもあります。

具体的な資金の種類は、特例児童扶養資金、結婚資金、就学支度資金、転宅資金、住宅資金、生活資金、医療介護資金、就職支度資金、修業資金、技能習得資金、修学資金、事業継続資金、事業開始資金といろいろあります。
生活資金から始まり、転宅資金や結婚資金などとても幅広いというのが率直な印象でした。

母子福祉資金はお金を借りるのですから、申し込む前には金利がどのくらいつくのかを確認する必要があります。
しかし、母子福祉資金ではお金を返すときの負担を軽くするという配慮がなされていますので、なんと無利子です。
しかし、連帯保証人が立てられない場合は1.5%の利子がつきます。
それでも、一般的な金融機関から借り入れをする場合の金利と比較したら、どんなに有利な条件かがわかるでしょう。
資金の種類によって返済に要する期間が異なりますが、3〜20年間です。

修学支度資金、子供に係わる就職支度資金、修業資金、修学資金については、連帯保証人と利子についての注意事項があります。
借り入れをする人の名義が親の場合は、連帯債務者が子供となり、連帯保証人を立てる必要がなくなります。
借り入れをする人の名義が子供の場合、連帯債務者が親となり、無利子で融資が受けられるということです。
わかりにくい部分があれば、お住まいの自治体に相談してみてください。

個人的にお金借りる



▲TOPにもどる



総合支援資金貸付で個人的にお金借りる方法

個人的にお金借りる

『総合支援資金貸付』は、自治体から個人的にお金借りる方法の一つです。 自治体から融資をしてもらう手段として一般的に知られているのは、『生活保護』かもしれませんね。
生活保護は自治体からお金が「給付」されますので、一度受け取ったら返済する義務がありません。
総合支援資金貸付は最長1年間というリミットがある中で、最高金額月々15万円の支援を受けられるというものです。

総合支援資金貸付を利用する間に課せられる決まりごとがあります。
それは就職活動をするために、ハローワーク通いをしなければならないということです。
その理由は、総合支援資金貸付の目的が経済的な自立や生活の立て直しにあるからでしょう。
利用してみたいという場合は、お住まいがある市町村社会福祉協議会に問い合わせてみてください。

総合支援資金貸付を利用するためには、お住まいがあることが条件です。
自治体に相談をすると、住宅支援給付金の申請ができます。
申請先となる自治体は、住んでみたいエリアです。

総合支援資金貸付の住宅入居費は受け取ったお金は、引っ越し費用にあてることができます。
入居保証料・火災保険料・不動産仲介手数料・入居したときに必要になる賃料や管理費、共益費・敷金や礼金などに使えます。

銀行カードローンや消費者金融のキャッシングを利用するとなると、審査を受けて通る必要があります。
審査に通過して融資が受けられることになったら、毎月の返済額には金利が加算されます。

総合支援資金貸付の金利は、連帯保証人を立てれば0円、つまり無利子で融資が受けられることになります。
連帯保証人を誰にも頼めないという場合は金利が付くのですが、それでも年率1.5%とかなり有利です。
銀行カードローンや消費者金融のキャッシングは連帯保証人や担保が不要ですが、早く返済するには金利の有無や高さを冷静に判断することが大切です。

総合支援資金貸付の利用方法は、人それぞれでしょう。
もしすでに銀行カードローンや消費者金融のキャッシングを利用していて、返済がとどこおって多重債務の状態になっている場合は、社会福祉協議会に相談すれば法律の専門家や法テラスなどを教えてくれます。
その他自治体で行っているサービスがないか、聞いてみるといいかもしれません。

個人的にお金借りる



▲TOPにもどる



公庫から個人的にお金借りる方法

個人的にお金借りる

個人的にお金借りることになったら、銀行やテレビCMなどで盛んに宣伝をしている大手消費者金融の申し込みを考えるでしょう。 しかし、銀行などの金融機関に申し込みをしてもなかなか審査に通過せず思うように融資が受けられない場合は、『公庫』という選択肢があることも知っておくべきです。

公庫とは通称であり、100%国から出資されている金融支援機関のことです。
公庫は、銀行などに借り入れの申し込みをして断られる方にも、低き利子で融資をしようというところなので、シニア世代や若者世代で起業をしたいという方などでも審査結果に期待ができるでしょう。

現在借り入れの金額によって、課していい金利には上限が設けられています。
例えば、一般的な消費者金融と日本政策金融公庫とで同額の100万円を借り入れするとしましょう。
その場合、消費者金融の金利は年率約18.0%であるのに対し、(事業者によって金利は異なるものの)日本政策金融公庫でしたら2.0%と大幅に有利です。

消費者金融と銀行とで比較した場合、消費者金融の方が金利が高いのですが、そんな比較的低金利の銀行ですら年率10.0%以上のところが大半です。
個人的にお金借りる額が大金ではない方ほど、他の金融機関に比べて日本政策金融公庫の方が金利が大幅にお得になります。
申し込みをするときにこういった金利の有利さに関する情報を知っているかいないかで、今後の経済的な負担に大きな差がついてきます。

日本政策金融公庫で借り入れをすることには低金利というメリットがあるのですが、コンサルティングをしてくれるところも魅力的です。
公庫を利用する方は個人的にお金借りる人ばかりでなく、個人事業主や中小企業、小規模事業者などさまざまです。
会社にアドバイスをもらえたり、コンサルティングをしてもらえるサービスというのは、数をこなしていて専門的な知識が豊富な方だからこそ有益なもののはずです。
相談しやすさを目指しているということなので、助言が欲しいことがあれば率直に聞いてみてはいかがでしょうか。

そんな日本政策金融公庫にも、デメリットはあります。
申し込みをしてから審査に日数がかかること、保証人が必要なことです。
審査の結果がわかるまで、3週間から1ヶ月くらいかかるといわれています。
総合的に考えて、どの金融機関に融資の申し込みをするのが最善策か考えてみてください。

▲TOPにもどる

個人的にお金借りる